あそこの黒ずみのためにはプラセンタ

胎盤、つまり「プラセンタ」には豊富な栄養分と様々な作用があり、色々な分野で重宝されています。あそこの黒ずみを和らげてくれる美白成分でもあります。

 

そもそもなぜ美白できるのか?

「チロシナーゼ」という名のメラニン生成に関係している物質を阻害する作用があるため、プラセンタによって美白する事が出来るのです。また、抗炎症や、活性酸素を消去する作用もあるので、皮膚が黒に変色する事や、メラニンの生成そのものを阻害する事も叶います。
加えて、肌のターンオーバーを促す力もあるので、既存の色素沈着も和らげることが出来ます。メラニンの排除を加速させ、黒ずみを和らげていくのです。

 

色々なプラセンタ

プラセンタは1種類だけではありません。

 

人体系

人体の胎盤から採ります。認証された製薬メーカーのみで作る事が出来る医薬品であり、医療機関限定で扱ったり、処方したりする事が出来ます。美容目的での使用は禁止されています。

 

牛系

牛の胎盤から。狂牛病があったため、現在は使用禁止となっています。

 

豚系

牛系に代わるものとして、使用されるようになりました。医療界でも美容界でも、この豚系のものが主に用いられており、厚生省によって安全度と効能が認証されています。ただ、副作用が無視できなかったり、特有の臭いがあったりするので、現在は植物系のものに注目が集まっています。

 

植物系

大豆やライ麦等から。胎盤は存在しませんから、胚から採取する事になります。胚は、成長や発芽に必須の栄養が豊富に含まれている部位ですから、「植物にとっての胎盤」と表現する事も出来そうですね。

 

プラセンタのリスク

注射やサプリメントで比較的楽に摂る事が叶います。医療目的の場合は、豚や馬などの哺乳類系のプラセンタをメインに用いており、店頭で購入できる健康食品などにも含有されています。

 

健康・衛生管理が徹底されている農場の哺乳類から採っているので、感染症等に見舞われるリスクは、ほぼありません。実際、医療機関で用いられているプラセンタについては、今まで副作用が生じた事例は1例も無いそうです。

 

ちなみに、馬の方が体熱が高く、寄生虫が寄り付きにくいため、馬系のプラセンタの方が豚系のそれよりも安全であると見られています。ただ、プラセンタを健康食品で摂る場合は、タンパク質やアミノ酸が含有されているため、それによって、プラセンタとは無関係にアレルギー反応が起きるケースもあります。

 

これは、あそこの黒ずみケアクリームに含有されているようなプラセンタでも同等です。塗布する場合であっても、見えにくい場所で事前にパッチテストをすべきです。

 

関連ページ

顔用の美容液はデリケートゾーンには厳禁
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
トレチノインの美白作用・危険性
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
美白成分のトラネキサム酸
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
黒ずみに対して効くグリチルリチン酸2K
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
黒ずみに効く大豆エキス
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。