美白成分のトラネキサム酸

トラネキサム酸は、抗炎症、止血、抗アレルギーなどの作用がある、人の手によって作られた医薬部外品のアミノ酸です。病院等では、古くから湿疹や蕁麻疹の治療薬品や止血剤として用いられてきました。

 

また「肝斑」という名前の軽減が難しいシミを治す力も秘めています。肝斑については、ビタミンCの飲み薬、美白外用剤と共に用いる事が多いです。ちなみに、飲むトラネキサム酸と、外用のトラネキサム酸があります。美白効果が注目され始めたのは、飲む方が出来てからの事でした。

 

美白効果について

メラニンがたくさん作られ、肌細胞に溜まっていくと黒ずみが生じてしまいます。ここで、トラネキサム酸の「抗プラスミン力」が発揮されます。

 

肌に紫外線が起因の刺激が加えられると、メラノサイトに「メラニンを作れ」という命令が届くのですが、この折、シミを作ってしまう「プロスタグランジン」というネーミングの物質の伝達をトラネキサム酸が阻害してくれます。そのため、メラニン作りそのものを阻害する事が出来るのです。ちなみに、黒ずみを防ぐだけでなく、既に出来ている黒ずみの改善も出来ます。

 

塗布すればきちんと効果は発揮します

「トラネキサム酸がいくら強力でも、経口摂取じゃないと効かないのでは?」と思うかもしれませんが、塗り薬のそれでもきちんと黒ずみを軽減してくれます。

 

その辺りの事について少々補足します。塗り薬、つまりクリームやジェルなどに配合されているトラネキサム酸のほとんどは、実は正確には「m-トラネキサム酸」という、トラネキサム酸の誘導体なのです。もちろん、これもアミノ酸の仲間です。このm-トラネキサム酸も、美白成分としてしっかりと厚生省から承認されています。

 

関連ページ

顔用の美容液はデリケートゾーンには厳禁
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
トレチノインの美白作用・危険性
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
黒ずみに対して効くグリチルリチン酸2K
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
あそこの黒ずみのためにはプラセンタ
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
黒ずみに効く大豆エキス
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。