トレチノインの美白作用・危険性

ビタミンA誘導体の仲間であるトレチノイン酸(トレチノイン)には、肌を白くする効果があります。それに加えて、ターンオーバーを促す効果や、表皮細胞を保護する効果や、保湿効果もあります。また、コラーゲンやヒアルロン酸作りをサポートする作用もあります。そして、色素沈着(黒ずみ等)を和らげる効果もあります。

 

陰部にトレチノインを用いるのは危険

しかし、陰部や肛門近辺や乳首にトレチノインを用いるのは危険です。その理由は、大別して2つあります。

 

刺激が強過ぎる

過剰に用いる等、用い方を誤ると、シミが出来たり皮膚が剥けたりする場合が多いです。皮膚が剥けるのは、いらない角質が取り除かれているだけでなので、そのうち再生しますが、刺激がかなり強いという事は確かです。皮膚が弱い人は、ヒリヒリしたり赤く変色したりする可能性もあります。

 

このようなリスクがあるため、トレチノインは医療機関でしか入手できない決まりになっています。

 

ターンオーバーが促され過ぎる

ターンオーバーが促され過ぎて、肌が一気に剥がれてしまう恐れがあります。要らない角質層が生まれ変わるわけですから、普通のターンオーバーであればむしろメリットが大きいのですが、その働きが過剰になってしまうと一転して危険になってしまいます。ですから、陰部とその近辺に用いるのは絶対にNGです。

 

関連ページ

顔用の美容液はデリケートゾーンには厳禁
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
美白成分のトラネキサム酸
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
黒ずみに対して効くグリチルリチン酸2K
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
あそこの黒ずみのためにはプラセンタ
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
黒ずみに効く大豆エキス
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。