知っておきたい知識記事一覧

黒ずみの起因は、身体のどこの肌であろうと「メラニン」なのですが、だからと言って、顔面用の美白美容液をデリケートゾーンに用いてはいけません。陰部の皮膚は顔面よりも薄く、負担になるからです。現に、顔面用の美白美容液の添加物がデリケートゾーンへの負担となって、肌を傷つけてしまう事も珍しくありません。また、肌だけでなく「メラノサイト」という細胞にも刺激を及ぼしてしまって、黒ずみの起因となるメラニンを生じさ...

ビタミンA誘導体の仲間であるトレチノイン酸(トレチノイン)には、肌を白くする効果があります。それに加えて、ターンオーバーを促す効果や、表皮細胞を保護する効果や、保湿効果もあります。また、コラーゲンやヒアルロン酸作りをサポートする作用もあります。そして、色素沈着(黒ずみ等)を和らげる効果もあります。陰部にトレチノインを用いるのは危険しかし、陰部や肛門近辺や乳首にトレチノインを用いるのは危険です。その...

トラネキサム酸は、抗炎症、止血、抗アレルギーなどの作用がある、人の手によって作られた医薬部外品のアミノ酸です。病院等では、古くから湿疹や蕁麻疹の治療薬品や止血剤として用いられてきました。また「肝斑」という名前の軽減が難しいシミを治す力も秘めています。肝斑については、ビタミンCの飲み薬、美白外用剤と共に用いる事が多いです。ちなみに、飲むトラネキサム酸と、外用のトラネキサム酸があります。美白効果が注目...

美白力があるグリチルリチン酸2Kには、肌荒れを和らげたり防止したりして、肌の調子を安定させる効果があります。デリケートゾーンの黒ずみの起因のメインは「洗いすぎによる刺激」や「インナーとの摩擦による刺激」による乾燥です。グリチルリチン酸2Kが直に美白するわけではありませんが、肌の調子が安定していれば、肌は乾きにくくなるはずです。また、肌の硬化した角質を剥がすピーリング力もあります。こちらにも、黒ずみ...

胎盤、つまり「プラセンタ」には豊富な栄養分と様々な作用があり、色々な分野で重宝されています。あそこの黒ずみを和らげてくれる美白成分でもあります。そもそもなぜ美白できるのか?「チロシナーゼ」という名のメラニン生成に関係している物質を阻害する作用があるため、プラセンタによって美白する事が出来るのです。また、抗炎症や、活性酸素を消去する作用もあるので、皮膚が黒に変色する事や、メラニンの生成そのものを阻害...

大豆抽出液には、良質なイソフラボン、タンパク質、サポニン等が豊富に含有されており、様々な美肌効果を望めます。黒ずみにも効果アリ黒ずみ、シミ、くすみなどの大きな起因の1つに、肌のターンオーバーの崩れがあります。崩れると、コラーゲンが欠乏して、保湿不能状態に陥り肌が乾燥してしまいます。そのコラーゲンの生成には、女性ホルモンの仲間であるエストロゲンが深く関係しているのですが、イソフラボンはエストロゲンと...