陰部や乳首の黒ずみにはハイドロキノンが有名なのですが

ハイドロキノンには、陰部等の黒ずみをスピーディーに治す効果があります。しかし、副作用などに関しては大丈夫なのでしょうか?

 

確かに美白効果はある

美白効果がありますから、黒ずみを治す事はできます。ただ、乳首・陰部・肛門近辺など、敏感な箇所に用いるのは危ないと言われています。

 

効き目が強い分危険性も高い

黒ずみにハイドロキノンを塗ると、それが解消されていきます。メラノサイト(メラニンを作る細胞)そのものを減らす効果もあります。実際、ハイドロキノンはプラセンタなどの各種美白成分の100倍にも及ぶ美白効果があるようです。その激しい漂白作用から「肌の漂白剤」という別名も付いています。

 

ただ、不味い使い方をすると、かえって黒ずみをエスカレートさせる事になります。要点を抑えつつ、美白効果と保湿効果の両方を併せ持つクリームを用いましょう。

 

ハイドロキノンの陰部に用いるのは危険

とにかく、ハイドロキノンを前述のデリケートゾーンなどの敏感な部分に用いるのはリスクが高いです。それはなぜなのでしょうか?

 

肌への刺激が強すぎる

効果が凄すぎる分、肌への刺激も大きすぎるのです。素人判断で用いるのは危険です。

 

濃度が高いと更に危ない

濃度が高いと、黒ずみを通り越して、肌自体を漂白してしまうケースがあります。そうなれば、白い斑点が生じてしまう事になるかもしれません。安全の基準は5%未満です。

 

発癌性も指摘されている

ハイドロキノンの摂取で癌や白血病に掛かりやすくなると見られています。ただし、これは動物実験の結果から分かった事であり、人体に対してどう作用するのかは判明していません。ちなみに動物実験においては、ハイドロキノン(5%)を毎日25グラム飲ませると、癌に陥りやすくなったようです。

 

この結果を重んじて、人体についても5%未満のハイドロキノンを推奨しているのです。

 

関連ページ

肌の老化で陰部が黒ずみに?
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
アソコと乳首が黒いのは普通なの?
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。