肌の老化で陰部が黒ずみに?

30才頃から肌が黒ずんでしまう人が大勢います。それまでに、黒ずんだことがあったかどうかはほぼ関係ありません。そんな黒ずみは、デリケートゾーンを含め身体全体に生じます。そして、それは年齢が上になるほど発生しやすくなるのです。肌がだんだんダメージに弱くなり、敏感な場所の肌ほど黒ずんでしまいやすくなるのです。

 

加齢と肌の黒ずみの関係性

様々な肌の問題がありますが、加齢が原因で一番発生しやすくなるのは、黒ずみのようです。脇、陰部、乳首などは、メラニンの分泌量が多く、それでいて肌が薄い分弱いので、黒ずみに見舞われやすいのです。そんな肌が老いていけば、もっと黒ずんでしまいやすくなるのです。

 

肌が乾燥に見舞われやすくなる

肌がオイルと皮脂の発生量が減り、潤いをキープできなくなり、肌が乾燥に見舞われやすくなり、ダメージに弱くなります。そもそもメラニンの発生量が多量でダメージに弱い、陰部等の肌が乾燥に見舞われてダメージを受けると、ダメージから肌をガードしようとして、メラニンがもっと出るようになるのです。これを放置しておくと、当然黒ずんでしまいます。

 

まら、脇の下やデリケートゾーンや乳首はパンツや衣服による摩擦に襲われやすい箇所でもあり、肌が置いて常に乾燥してしまうようになっていると、そのような摩擦でさえもダメージになってしまい、メラニンがもっと増加するケースがあります。

 

ターンオーバーのサイクルが延びる

肌は刷新サイクル(ターンオーバー)は、平均して30日前後です。しかし、20代くらいを転換期に肌が老い始め、刷新サイクルが、どんどん長くなっていってしまうのです。そうなると、刷新される前にどんどん肌にダメージが蓄積されていく事になってしまいます。

 

通常ならばメラニンが溜まっても、黒ずみになる前に肌が生まれ変わりますが、刷新サイクルが延びてしまうと、刷新される前に黒ずみが生じてしまうのです。

 

ホルモンバランスの崩れ

老いると、ホルモンバランスが崩れやすくなります。エストロゲンという名称の、肌を健全に保つ効果のある女性ホルモンがありますが、ホルモンバランスが崩れると、このホルモンの発生量が減り、肌環境が悪化してしまいます。ちなみに生理前後や生理中は、生理のせいでホルモンバランスが狂い、エストロゲンの発生量が減少するので、肌環境が悪くなりやすくなります。

 

老いと共にホルモンバランス崩れやすくなり、デリケートゾーンなどのダメージに弱い場所の肌には、その影響が多大に出て、黒ずみに見舞われやすくなるのです。そして、肌をガードするためにさらにメラニンが分泌されやすくなる、という良くないサイクルができあがってしまうのです。

 

 

関連ページ

陰部や乳首の黒ずみにはハイドロキノンが有名なのですが
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
アソコと乳首が黒いのは普通なの?
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。