お尻周り・肛門周りの黒ずみ対策

肛門の近辺の皮膚は実はまぶたよりも薄く敏感であり、黒ずみに見舞われやすい場所です。その辺りは、いつもインナーが接触していますし、座位の時は、お尻に自重が大きく掛かってくる事になります。このため「ふと気が付くと黒ずんでしまっていた」というケースも多々あるのですが、痛みが皆無なため、気が付きにくいという落とし穴があります。

 

擦れと蒸れが一番の起因

まずは、少しゆったりしたインナーを身に付けて、擦れと蒸れを避けましょう。ただし、それだけで満足してはいけません。これだけで黒ずみが起きなくなるのであれば、例えば肘のような、擦れも蒸れもほぼ起きないような場所は、そもそも黒ずみに見舞われないはずです。

 

現実的には、肛門の近辺も含め、黒ずみを和らげるためには、黒ずみの起因であるメラニン色素の生成を阻害する成分を、外部から補う事が必須です。

 

メラニン色素の発生を阻害するには

「トラネキサム酸」という名の成分には、メラニン色素の発生を阻害する力があります。美白成分として厚生省にも認可されている成分です。肛門の近辺等の黒ずみを和らげたいのであれば、トラネキサム酸が含有されているケア用品を用いましょう。

 

関連ページ

脱毛すると黒ずむ?
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
黒ずみ対策のためのショーツは?
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。