黒ずみ対策のためのショーツは?

インナーの締め付けや素材に気を付けて、デリケートゾーンの黒ずみを防止しましょう。

 

綿や絹の素材のインナーが良い

化学系統繊維のポリエステル等のインナーだと、肌が摩擦に見舞われやすくなります。地味なデザインのインナーが多くなってしまいますが「オーガニックの綿」や「綿オンリー」や「絹」のインナーを選びましょう。透湿性が高ければ、なお良いです。擦れにくく柔らかい素材ですから、肌への刺激を大幅にカットする事ができます。

 

締め付けが少ないインナーを選ぶ

腰や鼠蹊部を締めない、平型のゴムのインナーや、ゴムを使っていないインナーを選びましょう。レース系統のあまり締め付けないゴムのインナーを選ぶのも良いでしょう。ワコールやウイングなどでよく見かけます。

 

オシャレなインナーを履きたいのであれば、両サイドで紐で結ぶインナーなどを選ぶのがお勧めです。とにかく、肌へのダメージが少なく、締め付けないインナーを履いてくださいね。

 

ややサイズの大きいインナーが良い

ややゆとりのあるサイズのインナーを選びましょう。動いても締め付けない程度が目安です。運動をする機会が多い方は、ボクサー系統のインナーを履けば、激しく動いても、あまり擦れません。

 

関連ページ

脱毛すると黒ずむ?
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。
お尻周り・肛門周りの黒ずみ対策
デリケートゾーンの黒ずみケア方法をお伝えします。人に打ち明けられない悩みをセルフケアで解決しましょう。デリケートゾーン専用の黒ずみ対策商品を、人気ランキング形式でお伝えします。