デリケートゾーンの黒ずみ改善記事一覧

正しく陰毛をケア・アフターケアするならば大丈夫ですが、不味い方法でケアすると、デリケートゾーンが黒ずんでしまう場合があります。メラニン色素の沈着が、黒ずみの起因の大部分に当たりますが、デリケートゾーン等の皮膚は敏感ですから、シェーバーや剃刀からの刺激から肌をガードするために、他の部位よりも多くメラニン色素が生じてしまうのです。ですから、正しい手順で陰毛を処理していきましょうエステでの脱毛後は、保湿...

インナーの締め付けや素材に気を付けて、デリケートゾーンの黒ずみを防止しましょう。綿や絹の素材のインナーが良い化学系統繊維のポリエステル等のインナーだと、肌が摩擦に見舞われやすくなります。地味なデザインのインナーが多くなってしまいますが「オーガニックの綿」や「綿オンリー」や「絹」のインナーを選びましょう。透湿性が高ければ、なお良いです。擦れにくく柔らかい素材ですから、肌への刺激を大幅にカットする事が...

肛門の近辺の皮膚は実はまぶたよりも薄く敏感であり、黒ずみに見舞われやすい場所です。その辺りは、いつもインナーが接触していますし、座位の時は、お尻に自重が大きく掛かってくる事になります。このため「ふと気が付くと黒ずんでしまっていた」というケースも多々あるのですが、痛みが皆無なため、気が付きにくいという落とし穴があります。擦れと蒸れが一番の起因まずは、少しゆったりしたインナーを身に付けて、擦れと蒸れを...